ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

奈良へ

お約束の温泉に、夏希や蒔絵…蘭花の入浴シーンのワンカットが、画面に映る。

なぜか、半田先生だけが、全裸でポーズをつけていた。

勿論、大事なところは石鹸で隠されている。


次は、就寝シーン。

部屋に敷いた布団に、思い思いの格好で寝る月影メンバー。

九鬼だけが、窓のそばに立ち、月明かりに照らされている乙女ケース達を見つめていた。




そんなこんなで、次の日。

朝ご飯を食堂で終えた一向は、旅館から少し離れたバス停留所を目指した。

途中、魔神自動販売機が置かれていた場所には、何もなくなっていた。

だからと言って、夏希は別に気にもしていなかった。

それよりも、中島との運命の再開に興奮していた。


バスに乗り、一同は近鉄京都駅へ向かう。

そこからは、近鉄電車で、奈良駅を目指す。

一時間程、揺れていると、大月学園の生徒達は、近鉄奈良駅についた。

ぞろぞろと女の集団が、階段を上がり…奈良の地に姿を見せた。


駅前の行基像の前で、生徒達は集合する。


「今から、自由時間だ!その際は、ちんと班毎に行動するように。夕方、ここに集合しろ」

熊五郎の言葉で、生徒達は散らばった。


「それにしても…なんて、自由行動が多いのよ」

理香子のぼやきに、

「番組の都合よ」

楓がこたえた。

駅前から、奈良公園まではなだらかな坂になっていた。

「君達も、生徒達をよろしくな」

熊五郎は、引率者である理香子と楓に言った。

「わかりました」

楓が返事をすると、理香子の周りに人だかりができた。

「相原せんぱあ〜い」

アイドルを見つめるように、目をきらきらさせた女生徒達。

「どこいかれます」

しなをつくる女生徒の中に、竜田桃子もいた。

「姫様」

桃子は、理香子の大ファンだったのだ。






< 50/ 106 >