ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

夜の狭間

「今日、お昼頃に起きた…嵐山での乱射事件は、現れた怪人達よりも、ピンクの戦闘服を着た謎の人物によるものと、確認が取れました」


何とか、怪人達の追っ手を逃れて、集合場所にたどり着いた大月学園ご一行は、京都の外れにある温泉街で、宿を取ることになった。

そこは、奈良寄りで、急流滑りで有名な観光地のそばでもあった。

しかし、着いた時は夕方でもあり、急流滑りは予定には入っていなかった。


「尚…戦闘服の容疑者は、突然行方を眩まし、その場からいなくなりました。そして、周囲は突然、空から降ってきた鋼鉄のたらいによって、一時パニック状態に陥りました。幸い…タライは、怪人達だけを直撃。気を失った怪人達は、警察に連行されましたが…」

旅館内のロビーで、ニュースを見ていた蘭花は呟いた。

「乙女タライか…」



乙女タライ!

変身が解けてしまう不慮の状況を想定されて考えられた…乙女ピンクの最後の技である。

敵わないと、土下座した瞬間、空から鋼鉄のタライが周りを囲む敵目掛けて、落ちてくるのだ。

敵は、普通土下座した相手に目が向く為…まさか、頭上から鋼鉄のタライが落ちてくるとは、思わない。

その盲点をついた攻撃なのだ。

「戦闘服の容疑者による乱射で、一部店の看板が破壊されただけで…怪我人は、でていません。怪人は、嵐山以外でも、現れた模様ですので、住民の皆様は、ご注意を…」

蘭花は、テレビのチャンネルを変えた。

他愛もないお笑い番組にすると、テレビの前のソファーに腰かけた。

そこには、アシスタントの1人として、司会者の後ろに立つ自分が映っていた。

自分の愛想笑いってやつは、客観的に見ると、ムカつくものである。

でも、蘭花は冷たい視線を画面に向けながら、番組を見た。



「あれは、絶対!中島だって!」

引率を終え、旅館に入ってきたのは、理香子と楓だった。

「でもね…ここにいるとは…」

楓は、首を捻った。

2人の声に気付き、蘭花はソファーから、玄関に振り返った。

< 44/ 106 >