ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

水が流れる空間で

「生徒会長!だめ!」

早奈英の制止をきかずに、九鬼はカウンターを狙う。

乙女ソルジャーになれないならば、相手の力を利用するしかない。

「九鬼真弓!お前がここに来るのは、わかっていた。なぜなら、昔!お前は、あたしにここをススメていたからな!」


まだ一年生だった頃、九鬼は加奈子に語っていた。

短い異空間である…この場所が好きだと。


「この前は、邪魔が入ったが!」

走り寄る乙女どどめ色を追走するように、無数の包丁が飛んでいた。

「お前の狙いは、わかっている!この多さには、カウンターはとれまいて!」

「クッ」

九鬼は奥歯を噛み締めた。

変身して、ムーンエナジーを使えたら、防ぐことは可能だが、今はできない。

左右に逃げようにも、狭い水路閣の上で避けることはできない。

「生徒会長!」

早奈英は不自由な足で、山肌にもたれながら、何とか立ち上がると、

あるものを突きだした。

それは、シルバーの乙女ケース。

「装着」

早奈英の体をシルバーの光が、包むと…銀の眼鏡と戦闘服を着た乙女ガーディアンが、出現した。

「何!?」

目を見開いた乙女どどめ色の目の前に、着地すると、

「乙女バリア!」

九鬼を庇うように、両手を広げた。すると、銀色の壁が出現した。

包丁は、壁に突き刺さると、塵と化した。

そのまま、シルバーは自分がつくった壁を拳で突き破ると、乙女どどめ色に襲いかかる。

「また貴様か!」

どどめ色は、拳を握り締めると、

「どどめパンチ!」

「シルバーパンチ」

二つの拳が交差し、腕が絡まった。

クロスカウンターのような体勢に、なった2人。

互いの拳は、互いの頬にヒットしていた。

「な…」

よろけるどどめ色と違い、シルバーは完全に、膝を地面についていた。

カウンターのダメージは、明らかに、どどめ色の方にあったはずだが、見た感じはシルバーの方がダメージが大きそうに見えた。





< 41/ 106 >