ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

2人のブラック

九鬼を抱え、ジャンプした乙女ブラック。そして、それに寄り添うように、シルバーもジャンプしていた。

哲学の道から外れ、山側に逃げた三人。

夏希と蒔絵は、逆の方へ逃げたようだ。


まだ痛みが取れない九鬼を、参道の途中でおろすと、乙女ブラックは背を向けて、立ち去ろうとした。


「待って!」

九鬼は、乙女ブラックを引き止めた。

「あなたが、真乙女ブラックなのか?」

九鬼の言葉にも、乙女ブラックは振り返ることなく、一言だけ口にした。

「乙女ブラックは、もとから1人しかいないわ」

その冷たい口調に、辺りが凍り付く。

「あなたは、乙女ブラックではないわ」

その空気を切り裂くように、九鬼のそばにいたシルバーが、口を挟んだ。

「乙女ブラックは、生徒会長よ!あなたこそ偽物よ!」

その言葉に、やっとブラックは振り返った。

シルバーを睨み、

「そんなこと…あなたが、よく言えたものね」

「え」

予想外のブラックの言葉に、シルバーは驚いた。

「敵が、乙女ガーディアンを得た今…こちら側の切り札である乙女シルバーが、こんなやつでは…やつらに勝てない」

ブラックの言葉に、何も言えなくなったシルバー。シルバーは思わず、顔を逸らした。




「そんなことはない!勝つのは、あたし達よ」

九鬼は何とか、立ち上がることができるようになった。

ブラックを見つめ、

「乙女ガーディアン。月の女神を護る戦士。前後左右に、女神を囲むように立つ守護神。プラチナ、シルバー、ゴールド…そして、ダイヤモンド」

ブラックは、九鬼に体を向けた。

「乙女ソルジャーは、外敵を倒す為に、戦う実行部隊。最初のレベルは、女神を護る為に存在するガーディアンには、敵わない!しかし!乙女ソルジャーは、つねに戦う宿命を背負い!鍛えれば、無限の強さを得る可能性がある。そして、いずれは」

「乙女ガーディアンを超える存在になれると?」

ブラックは、微笑んだ。

「ああ…」

九鬼は頷いた。

ブラックは、九鬼を凝視し、

「それは、乙女ナイトのことか?」






< 20/ 106 >