ケータイ小説 野いちご

劇場版 乙女戦隊 月影

哲学の道

なぜか…マイナーな銀閣寺に来た大月学園ご一行。


「銀閣寺…銀」

実際は、お金がなかった為、銀は貼られなかった寺。

手摺から、切なく見つめる早奈英の横顔を、九鬼は見つめていた。




「ここからは、完全自由行動だ!夕方4時までに、ここに戻ること」

熊五郎は、クラスの班ごとにに、1日バス乗り放題券を手渡した。


当然、九鬼と早奈英、蒔絵と夏希は同じ班になった。

そして、もう2人…十夜と蘭花もなぜか加わった。

「お約束ね」

蘭花が笑った。


「あっ!それと、結城が来たら、お前達の班な!」

熊五郎が、九鬼を呼び止めた。

「なぜか知らないけど…。お前達がいると、魔神や怪人がでるからなあ〜。それと、お、乙女戦隊だったか?あいつらも、お前達がいないとでないしな…どうしてだ?」

熊五郎は、首を捻った。


「それでしたら、黒谷さんと十夜さんは、私達のそばにいないほうが、よろしいのでは?」

九鬼の言葉に、

「黒谷から、一緒になりたいと言い出してな!十夜は…」

熊五郎と九鬼の間に、お土産の木刀が差し込まれた。

「でなければ、斬る!」

いつの間にか、2人の横に十夜がいた。

「そ、そうだ」

冷や汗を流す熊五郎を見て、フンと鼻を鳴らすと、十夜は離れていった。

「も、問題児ばかりだけど、よろしく頼むな!生徒会長」

熊五郎は愛想笑いを浮かべながら、九鬼から離れようとした。

「先生!待って下さい!加奈子…いや、平城山さんは」

熊五郎は足を止め、

「あいつなら、他の班だ。引率者が、同じ班はおかしいだろ?」



「加奈子は…別の班?」

考え込む九鬼の真後ろに、十夜が立ち、背中をつけてきた。

「無防備だな?乙女ブラック」

十夜は口元を緩め、

「俺が、その気なら死んでいたぞ」

< 15/ 106 >