ケータイ小説 野いちご

天真爛漫ヒロイズム

百緋の気持ち



「百緋ちゃん」


この声が

大好きなんだ



丁度良い低さで
優しく


名前を呼んでくれる




< 102/ 106 >