ケータイ小説 野いちご

ガールズステップ

プロローグ



「優姫(ユウキ)はサバサバしていて、女って感じがしなくていいよな」

 色んな人から何度となく聞かされたこの言葉。

 まさか好きな人にまで言われてしまうなんて…。

――よし、2週間後の勇人(ハヤト)の誕生日までに“女”になってやるんだから!

 2週間にわたる、私・優姫の自分磨きの奮闘記が始まる…。


「優姫チャン、やっと目覚めてくれたネ」

 蛍のような淡い光が優姫の傍にふわりと浮かんで消えた。


< 1/ 1 >