ケータイ小説 野いちご

【続】インナーラブ~俺は荒海47歳~

初詣




海から少し歩いて、初詣へと出かけた。




深夜0時過ぎ。

ゾロゾロと寒い道をみんな同じ方向に歩く。



甘酒を振舞われ、熱い熱いと言いながら2人で飲んだ。


本堂までの長い階段をゆっくりゆっくりとのぼる。




真奈美は何を願うんや?


俺は・・・何を願う?




しっかりと手を繋ぎ、お賽銭箱の前に立つ。



手を離し、お賽銭を入れ、手を合わせる。





俺の願いはひとつ。







< 31/ 47 >