ケータイ小説 野いちご

【続】インナーラブ~俺は荒海47歳~

カウントダウン






ザザザザーーー



波の音。





「なぁ、真奈美は来年は何、お願いすんの?」



「秘密!」




あと10分で2009年になる。




旅館での食事を終え、俺達は海に向かっていた。



2009年の瞬間に白浜のビーチでは華やかな花火が上がると、旅館の仲居さんが教えてくれた。




「寒いなぁ!」


「でもくっついてると温かいね」




俺と真奈美は、人込みの中で手を繋いでいた。



道のいたる所から湯気が上がっているのを見て、温泉が湧いてる~と興奮している真奈美。



俺は小さい頃から当たり前のように見ていたけど、寒い中で温泉の湯気が上がっている様子は幻想的かも知れない。





< 26/ 47 >