ケータイ小説 野いちご

呪いの廃墟病院

序説
本当の恐怖




プルルル~プルルル~

カルテを持ち帰った男の家の電話が鳴った。


「もしもし~?」


だるそうに電話に出る男。




< 6/ 9 >