ケータイ小説 野いちご

《バツ1子持ち、それでも大好きだよ先生!》美憂が生まれて、華の子育て奮闘記♪

第1章
美憂が生まれて3ヶ月

年が開け1月。お正月どころではありません。



私朝から晩まで同じ姿。



パジャマのままみたいな。


髪は常にお団子。



鏡に映る私オバサン?



体重はすぐ元に戻った。



でも母乳くれてるから、かなりデカイ。



小さく細い体に異常にデカイ胸。



アンバランス。



鏡をもう一度見てため息が出る。



そこに一輝と夕顔が起きて来た。



「ママおはよう。 」



「夕顔おはよう。みーたん寝てた?」



『華今俺が見て来たら、みーたんぐっすり寝てたから安心して。』



「一輝ありがとう。」



みーたんは最初、一輝と私の寝室にベビーベットを入れて、一緒に寝ていた。



でも夕顔がどうしてもみーたんと寝たいと言い、



ベビーベットを夕顔の部屋に移動。



そして夜中何度も起きるみーたんの為に、



私も夕顔の部屋で寝ている。



そんな訳で一輝の欲求不満は募るばかり。



夜中気がつくと私は一輝のベットにいる。



いつの間に連れて来られたのか分からない私。



そんな毎日なんです。



はぁー。







< 1/ 217 >