ケータイ小説 野いちご

イケメン★ハーレム

第二章
新たな悩み

変態が三人に増えて、毎日逃げるのが大変。
おかげで運動神経が良くなった気がする。


ダイエットにもなるし。


「なんて、ポジティブに考えられねーっつの!」


恋の部屋でそう叫ぶ。
恋はゲームをしながら私の話を聞いていた。


てゆうか、ゲームメインで、私の話はろくに聞いてない感じだけど。


「そう? 愛、結構楽しそうにみえるけど」


「…はぁ!?」


恋の信じられない一言。


た、楽しそうって何!
全然楽しくないのに!!


「嫌がってるように見えるけど、心の底では喜んでるような気がするよ。 俺は」


「そりゃまあ、顔がいい分には…」


「そうゆう事でも無いと思うよ」


「…じゃあ、何なのよ」


私がそう聞いても、恋は黙ってゲームをしていた。


…本気で嫌がっていない?私が?


あいつらの事、うっとーしいけど、嫌いじゃない…この感覚、なんなんだろう。


「…考えないようにしよう」

< 27/ 117 >