ケータイ小説 野いちご

【中編】ベストフレンド

友達であるために
1.終わりと始まり Side拓巳


フラワーシャワーの中を6月の花嫁が新郎にエスコートを受けながら歩いてくる。

バージンロードを歩く幸せそうな二人を、複雑な思いで見つめる。


これで、良かったんだよな…。


ウェディングドレスの胸にあしらわれた銀の薔薇の刺繍が、花嫁の動くたび太陽を受けてキラキラと光り、フワリと広がるドレスが妖精のように愛らしい。

友人に見せる照れた仕草も、来賓に向ける微笑みも、全てあの新郎のものなのだと思うと、やはり嫉妬を抑えきれない部分があり、気がつけば溜息が出てしまう。

結婚式で溜息なんて俺くらいだろうな。

そう思っていたのに、すぐ傍から小さな溜息が聞こえて思わず振り返った。

バッチリと目があったのは、意外にも俺の良く知った顔だった。


< 25/ 148 >