ケータイ小説 野いちご

うしろの正面だーあれ

現在




春。



花壇には色とりどりの花が咲き乱れている。



大きな桜の木も、立派に咲き誇っている。



淡いピンク色の花びらが、雲ひとつない青空を舞う。



…こんな景色を見ていると、数年前…私がまだ小学生だったときに起こった、あの忌々しい事件のことも忘れてしまいそうだ。



…いや、忘れていた。



だって。



中学に入っても何も起こらなかった。



人ひとり死にやしない。



殴り合いの喧嘩はたまにあったけど、それ以外は平和だった。



いじめもない。



番長も居ない。



杏奈ちゃんと早織ちゃんも、何故か おとなしかった。



みっちゃんや亀井くん、そして桜井先生も現れなかった。



だから、私は忘れていた。



自分が人を、2人も殺めたこと。



そう。



高校に入学して、1ヶ月が過ぎるまで――…




< 364/ 675 >