ケータイ小説 野いちご

俺の女

ぶっ潰す





カチャカチャ…



台所で洗い物をする恋嘩と美蘭。



奥の部屋からは、テレビを見て笑う声や、言い合う声などが聞こえてくる。






『…最近学校行ってへんよなぁ(笑)』

『えーやん別にw不登校児でも…楽しいし♪』

『やんなーw中退しよっか?(笑)』

『できたらぃぃけどなー(笑)』




…そんな話をしていると、再びインターホンが鳴った。




―――ピンポーン…





『…あれ?また???』

『家具来たんちゃう?』

『あーそっかぁwじゃー見てくるわぁw』

『うん。よろしく♪』





恋嘩が1人、玄関へと向かった。





…このとき、1人でなんて行かんかったら、あんなことにならんかったんかな…









『はぁーい。』





―――ガチャ…





「「こんばんわぁーw」」





恋嘩がドアを開けると、立っていたのは宅配便の人ではなく、見知らぬ男達だった。





『…あれ?お客さんですか?』


「「あれッ?女の子いんの?」」

「「俺ら場所間違えたかー?」」

「「んなわけあるかい(笑)」」

「「でもこんなとこに女の子いていいんー?」」

「「危ないよー?お譲ちゃんw」」





口々に話す男たちを見て、状況が掴めない恋嘩は、眉間にしわを寄せながら首を傾げた。





『へッ?あの…どちら様ですか?』

「「硫盟高校のもんですw」」





男が笑顔で答えた。



りゅーめー?…なんか聞いたことある…

< 62/ 321 >