ケータイ小説 野いちご

俺の女

家族




―――ドンドン。





「愁洩ー!!!」





朝、甲斐が愁洩たちの部屋のドアを叩いた。





「入んぞー?」





そして爻がドアノブに手をかける。





「っぁ!?」





仲間がドアを叩く音で目が覚めた2人。





『やばぁ…着替えなあ…』

「てめぇーらまだ入ってくんなよ!!」


「まだ着替えてへんのかよ(笑)」





ため息混じりの與氣に続いて、慚がおもちゃを欲しがる子供のような声で叫ぶ。





「なぁー俺らのゲームとってぇー!」


「はぁー?」





愁洩は、ブツブツ呟きながら部屋を歩き回ってゲームを探す。


その間、急いで服を着替える恋嘩。





『おっけーwもういいでーw』





―――ガチャ。



恋嘩がそう言うと、ドアが開いて仲間たちが入ってきた。

< 46/ 321 >