ケータイ小説 野いちご

俺の女

俺の子供





―――そして数ヶ月後…





美蘭と恋嘩が洗い物をしていたとき。



…この日も普通に終わると思っていた…







『恋嘩ーこれもお願いw』

『はぁーぃw』

『こらぁーそこっ!タバコ吸わないっ!!!』

「ちぇッ…バレたかぁ…」





美蘭に背を向けてバレないよーにタバコを吸っていた愁洩たち。





『タバコは体に悪いんやで?』

『そもそもあんた何歳よ(笑)』



「ぎゃははははッッッ(笑)」





すると今度は、向こうで酒を飲んで笑っている大毀の笑い声が聞こえてきた。


目を離してられない現状に、美蘭も呆れたように右手で頭を抑える。





『そっちも酒飲むなぁー!!!』


『あたしも飲んでみたぁーぃw』





恋嘩が手を拭いて、酒飲みグループのほうへ走り出す。





『あッ!こら恋嘩!!!』






…今日も普通の日常が始まった…かに見えた。








『う゛ッ……』





ダダダダダッッッ!!!



恋嘩が口を押さえてトイレに走っていった。

< 195/ 321 >