ケータイ小説 野いちご

俺の女

なんでやねん




『うん!熱も下がってるw』

『ほんま?やったぁーw』

「よーーーかったぁーw」





愁洩も嬉しそうに恋嘩の頭をぐしゃぐしゃと撫でた。




『水ぶっかかったからやなぁ(笑)』

「ばーかっ(笑)」





のん気な恋嘩の頭を、今度はガシッと掴んだ。





『あははっw皆、いろいろほんまにありがとなっ♪』


「「「いやぁ…///」」」






恋嘩の久しぶりの満面の笑みを見て、顔を赤くする仲間達。





『じゃぁ…明日からまた学校行こっかw』

「「「えぇッ?!」」」





予想外の発言に、男たちは思わずずっこけた。


美蘭もクスクス笑う。





『行くんや(笑)』

「マジでッ?!」

「はッ(笑)」





愁洩は嫌そうに叫び、諒弥は「やれやれ」といったように小さく笑った。



ノリ気じゃない反応を見て、驚く恋嘩。





『え?嫌?』

「だるくね?」

『だってあの制服好きやしーw』

『あーそれわあたしも好きーw』





恋嘩に続いて、美蘭も笑顔を見せた。



その笑顔に負けた諒弥。





「しゃーねぇなぁ…」


「えー!行っちゃうん?!」

「ちょー寂しぃ…」





陽摩と鷹が寂しそうに肩を落とした。


そこに愁洩のツッコミが入る。





「おめぇらも行けよッ!(笑)」

「そっか…俺らも学生かぁ!」





屡尉が思い出したようにポンッと手をついた。





「アホか(笑)」

『じゃー決定な♪』

『何日ぶりやろーw』

< 124/ 321 >