ケータイ小説 野いちご

オレンジの空は今も

ファースト・キス


「やっぱり由希のタイプだったかぁ。んでもその日に付き合うことになっちゃうなんて信じらんない。運命だったりしてね」


次の日、早速加奈にひやかされた。


「タイプっていうか…別にそんなの無いんだけど…」

「でも宏人かぁ。どの辺が気に入ったの?」


からかうように加奈が笑う。


「何よそれー」

「だってさぁ、観覧車からずっと手、つないでるんだもん。びっくりしちゃった」

「あれは、その…」

「ま、いいじゃない、由希が幸せなら。宏人はホントにいいヤツよ。安心して」

「安心って」


あははっと加奈が笑う。

詮索しない。

そこが加奈だ。






< 43/ 207 >