ケータイ小説 野いちご

オレンジの空は今も

抜け落ちた記憶


あたしが目を覚ましたのは、それから三週間後だった。

年が明け、二週間が過ぎようとしている、はらはらと雪の舞う午後だった。


ぼんやりとした視界に左から白い光が刺すように眩しい。

頭の奥がズキンと痛い。

身体が鉛のように重いのが分かった。


眩しくて手をかざそうとするのに腕が上がらない。


ここはどこだろう。

なにがあったんだろう。






< 120/ 207 >