ケータイ小説 野いちご

秘密な花嫁~旦那様は先生!?~

1章 いきなり結婚!?
結婚

「先生?」


「なんだ?」


「先生だよね?」


「ほかに誰に見える?」


「私、場所間違えた?」


「間違えてない。今日からお前はここに住む。」


「ここに・・・」


「それから、結婚するから。よろしくな、美和。」


そう言って先生は、意地悪く笑った。


「・・・待ってよ!意味わかんない。」


一瞬言葉を失った。


なんで、いきなりそうなるの?


「なにそれ。なんで私が先生の奥さんなの?」


「知らないのか?俺の母さんと美和の母さんの約束。子供が産まれたら結婚させようって。」


「そんなの知らない!」


「知らなくても、もうお前はここに居るしかないんだ。」


「そんなこと・・・」


「どこか行くあてがあるのか?あるなら俺は何も言わない。」


「それは・・・」


「わかっただろ?美和はここに居るんだ。」


< 4/ 248 >