ケータイ小説 野いちご

The suffering of “Ann”(クリスマス企画)

12月19日


事務所の社長が帰ってくるまで、あと2日。


夜明け前に出かけようとしてたら、タクヤが裏の実家からやって来た。


「おはよ、タクヤ今日は早いじゃん。」


「まぁ…な。

アンは今日、仕事だったよな?」


「うん、夕方には帰って来る。」


「俺は夜遅くなるけど、気をつけろよ。」



あ、そっか…。


心配して、声かけに来てくれたんだ。



「ありがとう、行ってくるね。」


私が手を振ると、澤弥も嬉しそうな顔して振りかえしてくれた。







< 17/ 31 >