ケータイ小説 野いちご

The suffering of “Ann”(クリスマス企画)

12月13日


澤弥の部屋に転がり込んで、1週間程経った。


仕事場には、あのストーカーが相変わらず現れてるけど、タクシー使ってでも撒いているから、社長が戻って来るまで持ちこたえられそうだ。


澤弥は仕事以外で部屋から出ちゃダメだって言ってたけど、半月以上も自分の部屋に帰ってないから、手持ちの服だけじゃ心許ない。


少しくらいなら、戻っても…良いよね?



タクヤがいるときだったら絶対に止められるけど、今は会社に行ってる時間。


家業はお兄さんが継いでいるから、澤弥はサラリーマンなんだよね。


「タクヤ、ちょっと借りるね。」


クローゼットを開けて、ニット帽とジャンパーを手に取った。


仕事行くときに必要なら、服を借りても良いって許可は貰ってる。


だけど実際に借りるのは、初めて。


身長は澤弥と殆ど変わらないから、私が袖を通すと男装してるみたい。



あ、イヤリングは取っておこう。


耳から外したときに、片方がベッドの下に転がってしまった。


覗き込んでみると、雑誌みたいなものがある。



昔、蒼の部屋を捜索したときはグラビア誌が出てきたんだよね。


興味本位で引っ張り出してみると、案の定…だった。


ただのグラビア誌だったら腹を立てることなく、澤弥も男だからなぁって、笑って済ませるんだけど…。








< 12/ 31 >