ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王の遺産

王の遺産A・ストライカー篇
大団円

 大勝利の喜びは、すぐに喪の悲しみに変わった。それは、早すぎる王様の死だった。
 大聖堂のステンドグラスの下に置かれた大きな棺の中には、白い百合が敷き詰められ、ストライカーが眠っていた。傍らには、喪服姿のロウィーナが居た。嘆き悲しむあまり、彼女の美しい目は真っ赤になっていた。すっかり落ち込んでいる彼女に、執事が耳打ちした。

「コーデリア様とゴメス様が来られました」


< 66/ 305 >