ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王の遺産

王の遺産A・ストライカー篇
ドラゴン騎士団

 ドラゴン騎士団を率いたレイブンは、今、戦場に到着していた。眼下に広がる地獄絵図に、レイブンは血が騒ぐのを感じた。

「血に飢えた戦士たちよ、地獄で宴を始めようぞ!」

 レイブンの掛け声を合図に、ドラゴン騎士団が戦場に雪崩れ込んだ。
 レイブンは、巨大なソードを舞わせ、敵兵の首を跳ね飛ばして行く。その様子は、パーティーでシャンパンの栓を開けるのに似て、あちらこちらで首級が上がる。
 それに続く騎士団も、まるで野菜でも切るように帝国軍の兵士を血祭りに上げた。剣を振り下ろすと同時に馬で踏み潰し、盾で頭を割る。まるで何本も手があるかのように、次々と邪魔者を処分して行った。そして、あっと言う間にストライカーと合流する。

< 62/ 305 >