ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王の遺産

王の遺産A・ストライカー篇
帝国軍襲来

 見渡す限りの軍船が、水平線を覆っていた。沖に停泊する大型軍船は、次々と小舟を吐き出している。その小舟には、百人前後の戦士と漕ぎ手が乗り込み、波を掻き分けながら海岸線を目指していた。
 ストライカーたち王国軍は、弓や投石機を用意し、帝国軍を迎え撃っていた。
 小舟を次々と沈め、侵略者を海の藻屑と化して行くが、相手の数が多すぎる。海岸線は、帝国軍の兵隊で埋め尽くされて行く。

< 51/ 305 >