ケータイ小説 野いちご

【完】大人の世界~甘美な毒に魅せられて~

ありえない現実

信じられないことが起こっていた。

私は図書館をあとにし、駐車場に停めてあった男の車に乗せられる。


「聞き分けいいね、おりこうさん」

右側のシートに座らされ、シートベルトをつけられた。

「ゆ、誘拐でもするつもりなんですか」

「人聞きの悪いこと言わないでよ。君だって逃げ出そうと思えば逃げ出すことだってできたでしょ」

「え…だって…」



図書館のソファーでめがねをとられてしまったあと…。

男はこう言った。

「君をきれいにしてあげるから、僕と一緒においでよ」

「ど、どういうこと?」

「言うこと聞かないとめがね返してあげないよ。それに…」

「それに?」

「人の部屋を覗き見してたって学校や保護者に言っちゃおうかな」



< 52/ 353 >