ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

゚・*:Plesance Sinfonia:*゚・

◆序の章◆

 世界の片隅に名も知れない小さな町がある。

その町の名は誰の耳に入ることも無いような平凡な名前。
名前が平凡ならば住む人間も平凡で、即ちその町の存在自体が平凡そのものなのである。


町の名は『ルビー・シティ』。


由来はこの町の特産である野菜、トマトにある。

ルビー・シティは気候、地形共にトマトを栽培するにはもってこいの地なのだ。
故に年中季節を問わずトマトを栽培し続けることができる。

町を丘の上から見渡せば真っ赤に熟れたトマトが一面に成り、まるで宝石のように光り輝いている。

それを見たどこかの人間が「ルビーのようだ」と言ったのであろう。



その平々凡々とした町に住む一人の少女がいる。


名前はアリス・ヴァレンタイン。


一人で食事を摂り、まるで物置小屋のような家に住み、毎日同じ生活を繰り返している。

彼女には両親がいない。

幼い頃に捨てられ、意地の悪い小母に拾われ、意地の悪いその娘に虐められてきた。
最近になってようやく一人で生活させてもらえるようになった。

と言っても物置小屋のような家なのだが。


けれど彼女は幸せだった。

意地の悪い大嫌いな人間と生活を共にするよりは何千倍もよかったからだ。


例え藁の匂いがする埃っぽい、家とは呼びがたい場所に住めと言われても。
毎日トマトのスープを飲むことになったとしても。
夜は少々冷えるような場所で寝ることになったとしても。


彼女は彼女なりに幸せだった。



< 1/ 83 >