ケータイ小説 野いちご

迷いの森の仮面夫婦

第七章 あなたをもうこれ以上愛せない


第七章 あなたをもうこれ以上愛せない




「少し遅くなっちゃったけど雪穂ちゃんハッピーバースデー!これ、私からのプレゼントね」

「えぇーっ!いいんですか、凪咲さん」

「早く渡したかったんだけど会う機会がなかったから、二ヵ月も遅れた誕生日プレゼントになっちゃったわね」

「いいんです!すっごく嬉しい、開けてもいいですか?」

「勿論、気に入ってくれるといいけど」

誕生日から、二ヵ月の時が過ぎた。 あっという間に九月の終わり。 もう夏だって終わりを迎え、秋の始まりを迎えた頃だ。

凪咲さんからご飯でも食べに行かない?と誘われ、お昼に都内のカフェで会う事になった。
彼女は海鳳と結婚してから、本当の妹のように可愛がってくれる。

「きゃーっ、素敵な腕時計。いいんですか?こんな高価な物を……」

中からはピンクの皮の可愛らしい腕時計が出て来た。

< 149/ 225 >