ケータイ小説 野いちご

俺の言うとおりにしてください、お嬢様。

*・エリートな執事様。*・
彼にしか扱えないお嬢様





「これ可愛いっ!パレオになってる!」


「駄目です」


「え、じゃあこれっ!ビキニなんて初めて!」


「駄目に決まってます」



わたしは今、とあるショッピングモール内の水着ショップに来ている。

もちろん格好良すぎる執事を1人連れているから、店員さんの目もお客さんの目もみんなしてハヤセへ向かって。


ちなみにどうしてそんなところに来ているかというと…。



「だって絶対みんな可愛いの着て来るもん!」


「授業ですよ。それじゃあ泳げないでしょう」


「もうあの学校にそんなのないよっ!クラスメイトなんか絶対に“女は美貌が大切なのよ”とか言ってくるしさ!」



そう、来週の体育の実技で水泳があるからだ。

けれど今は10月の半ば。
今の時期に水泳?なんて誰もが思うけれど。


聖スタリーナ女学院には施設内に温水プールがあって、今の季節だとしても全く問題ないのです。



「お嬢様はこちらがよろしいかと」


「そんなの小学生じゃんっ!わたしこれがいいっ!ビキニっ」




< 59/ 340 >