ケータイ小説 野いちご

俺の言うとおりにしてください、お嬢様。

*・エリートな執事様。*・
お嬢様にしかないもの





「いくぞーーーっ!!」



渾身の一撃で蹴ったボールは、キャッチされることなくスッと避けられた。

そのままコロコロ転がってグラウンド外へ。



「きゃぁっ!危ないじゃないの破壊神……!!」


「当たったらどうしてくれるのよ……!?」



いや、これサッカーだから避けるものじゃないんだけど…。

ドッチボールじゃないんだよ?わかる?



「もう!受け止めてくれなきゃ全然サッカーにならないよっ!!」


「そんなの無理よ…!1人でやってくださる!?」


「授業どーなんのっ!!1人でサッカーとか無理だもんっ!」



未来の旦那様に何かあったときの為、体力作りとして体育の実技は必須。

だとしてもジャージに土が付いただの汚れただの、髪が崩れただの、うるさいお嬢様たち。


そしてグラウンドを囲うように並んで見守る執事たちは飲み物やタオルを持って、いざというときの準備は万端。

そこに数日前からハヤセも居た。



「それよりもどうして早瀬さんが破壊神なんかの専属執事なのよ…!!」


「ズルいわっ!これも柊の力?」




< 42/ 340 >