ケータイ小説 野いちご

俺の言うとおりにしてください、お嬢様。

*・エリートな執事様。*・
Sランク執事が選んだお嬢様





「柊さん、ミシンの用意をするだけで授業終わってたら意味ないって前回にも言ったわよね?」


「……はい、でもこれボビンの位置が、」


「言い訳は要らないの。これじゃあ未来の旦那様のスーツが破れた時はどうやって縫うの?」


「それはもちろん手縫いでっ!」



先生のため息が教室に響いた。

1クラス15人の教室は普通の学校でいえば少なめ。

だけど1人につき1執事が付くから結局は全員で30人になる平均的な数。



「えーっと、ここに糸を通してセットして……」



ガゴンッ。


なんかヤバい音がした。

え、あの……大切そうな部品が外れちゃったんですけど…。



「せ、先生…」


「はぁーーー…」



そんな粗か様にため息吐かなくても…。

頭抱えてやれやれって首を振らなくても…。



「…あなたは手縫いをしていなさい」


「はい…。ごめんなさい…」



間違いない、わたしはミシンを壊してしまったらしいのだ。

どうやら破壊神は破壊神として期待を裏切らずに授業を受けているらしい。




< 18/ 340 >