ケータイ小説 野いちご

ひととせと、マタタビ

:春 episode1
原因これかも




side奏多





「君らより周りの方がソワソワしてるよ、癒しカップルが修羅場だって。
ほらごらん、今も視線が痛い」




「俺もソワソワ側だよ」




何故、の言葉が
昨日からずっと頭の中の過半数を占めている。




おとといまでは普通だった。俺がおかしい、と感じたのは昨日の朝。






「――お邪魔します……え?」





いつもなら朝俺が汐桜の家まで迎えに行っても、寝坊助な汐桜は部屋着でぽやぽやしている。
起きてすらいない時もある。







汐桜が準備している間に、
汐桜の母親の唯(ゆい)さんが出してくれる紅茶を飲みながら雑談をするのが毎朝のルーティーンみたいなものだ。



< 5/ 77 >