ケータイ小説 野いちご

俺から逃げられると思うなよ

1








うるさい女だった
会う度に好きだの、付き合ってだの

諦めることなく約3年、
ずっと俺に告白し続けてきた。








< 1/ 35 >