ケータイ小説 野いちご

【第一部完】地味同盟~かぐや姫はイケメン達から逃れたい~

地味双子の事情
転入までの事情

 九月一日。

 夏休みが終わったばかりで、ただでさえ残暑が厳しい暑い日。

 更に熱くなるような快晴の日に、あたしと双子の兄の(かなで)はこの学校に転入した。



 元々は奏だけの転校で良かったんだけれど、事情があってあたしも転校しなくちゃならなくなった。

 その事情と言うのは、前の学校で奏がストーカー被害に遭ったことが原因だ。
 しかもそのストーカーはクラスメイトという何とも悲惨な状況。

 付きまとい行為自体は積極的と取られなくもないギリギリの範囲だった。

 でも、ギリギリだからと対処を渋っていた所為で奏の当時付き合っていた彼女に被害が出始めたんだ。


 初めは奏と別れて欲しいと口にしていただけ。
 でもそれはどんどんエスカレートしていき、彼女の靴の中に虫が入れられていたり、怪文書が届くようになったり……。

 相手が誰なのかは分かっていたから最初はそれに対して文句を言っていた。

 でもストーカーの女の子は彼女が別れないから悪いのだと言い張って更にエスカレートしていく。

 しまいには近所の不良にお金を払ってその彼女を襲わせようとしていた。

 幸いあたしがその彼女と一緒にいた時だったから、蹴散らしてやって未遂に終わったけれど。


 でも、流石に彼女の方も限界だった。

 奏には悪いけれど、もう疲れた。と……。

 奏も大事な彼女にもう辛い思いをさせたくないからと二人は別れた。


< 3/ 418 >