ケータイ小説 野いちご

【第一部完】地味同盟~かぐや姫はイケメン達から逃れたい~

プロローグ

 暑い日差しが窓から差し込む廊下。

 教室の中とは違って静かなそこで待ちながら、先生の声がかかるのを待つ。

 隣のクラスの前で待っていたもう一人はさっき呼ばれたみたいで中に入っていった。

 あたしもそろそろ呼ばれるはず。


 胸に手を当てると、その手にもドキドキと鳴る心臓の鼓動が伝わってくる気がした。

 転校も初めての事ではあるけれど、同年代の子にこんな格好で会うことも無いからそう言う意味でも緊張してる。

 ドキドキする鼓動を落ち着かせるように深呼吸して、あたしは先生の呼び声を待った。


「入ってきなさい」

 待っていた声が聞こえ、深く息を吸って決意を固める。

 後はもう思い切って教室の中に入るだけだ。


 足を進めると少し静かになっていた教室が騒めく。

「え? なにあれマジ?」
「今どきあんな格好する子いるんだ?」

 驚きと、ちょっとした嘲笑(ちょうしょう)

 こうなるだろうことは分かっていたけれど、実際に聞いてしまうとちょっと落ち込む。


 だから教壇に立って正面を見るときも、少し(うつむ)きがちになってしまった。


< 1/ 418 >