ケータイ小説 野いちご

予知夢で香月くんが死ぬことを知ってしまった。

私の覚悟が香月くんに引かれてしまった。
麻side





***

ああ、


まただ。



パーーーーーーーーーーッッ



ガシャン










予知夢ーー

落ち着け。
事実を…確認しなくちゃ。

血から目を背け、周りをキョロキョロ見る。


どこだ。

ところどころ空白になっていて、
場所が確認できない。


時間は…

空は白い。時計とかもない。
時間もわからない。


目を細めて香月くんの動かない身体を見る。

やっぱり制服。


温度とか湿度とかは感じない。

他の通行人もいない。


あ、トラックの運転手が降りてきた。
真っ青な顔で電話している。
声は聞こえない。

このシーンは昨日の予知夢にはなかった…!



***

「っ……!!」

涙で濡れた頬を触り、現実であることを確認する。


これではっきりした。

これは予知夢だ。
しかも昨日より少し詳しくなってる。
相変わらず時間と場所はわからないけれど…


「はぁ…」

二度目でも、慣れない凄惨な事故現場を
思い出してため息が出る。


守るって決めたんだ。
向き合わなきゃ。


「麻~、今日から早くするんじゃないのー?」

一階にいるお母さんの呼び掛けにハッとなる。

そうだ!今日から早く登校するんだった。

理由はもちろん

「今行く!」

香月くんを守るため!!



< 9/ 121 >