ケータイ小説 野いちご

予知夢で香月くんが死ぬことを知ってしまった。

香月くんに怒られてしまった。
麻side






***

キーンコーンカーンコーン…


帰りのチャイムが鳴り、
私は膝を打って立ち上がった。


今日は午後から雨だから、サッカー部は室内で
筋トレをしているらしかった。


なので、私は教室で下校時刻を待っていた。

さすがに筋トレしてるのをそばで見守る勇気は
ない。

ストーカーだけじゃなくて
変態のレッテルも貼られてしまう。


「はぁ~…」

昼休みの完拒否を思い出して思わずため息が出る。


あんなにハッキリぐさぐさ刺さなくても
いいじゃないか…

怖かったし。

きっと完全に嫌われたな。

せっかく友達になったのに。2日くらいだけど。



雨がポツポツと地面を打つ。

自分の手に落ちる涙の感覚を思い出して、
自然と夢の内容を頭に浮かべた。


一週間、毎日同じ夢を見た。

でもほとんど香月くんが死ぬかもしれないときの
詳しい情報に進展はない。


まさに暗中模索。
むしろどんどん嫌な方向に進んで行くような…



来週…よっちゃんに話してみようか…

一人でも味方がいてくれたら、
今の前がわからない暗闇でも光が見える気がする。



靴を履きかえ、昇降口まで出てハッとなった。



傘…忘れた。

というか朝、自転車で来ちゃったし。


ついてない…

香月くんはどうやって帰るんだろう。


キョロキョロしていると、ちょうどサッカー部の
集団が部室棟の方から歩いてきた。



< 23/ 121 >