ケータイ小説 野いちご

シェアハウスの相手は推しで、溺愛されました。  【番外編】





あの告白から一ヶ月。
私と翔太くんは今日もシェアハウスで一緒に暮らしていた。

「みーちゃん、おはよ。」

「うわぁ!!」

翔太くんはここ最近、朝から抱き着いてくる。
可愛い。

「みーちゃん、驚きすぎでしょ。」

「だって、いきなり抱き着いてくるんだもん。」

私が照れながらそう言うと翔太くんは

「みーちゃん、可愛い。」

そう言って、私を今さっきよりも強く抱き締める。
あ〜、愛されてるって感じがする。

「翔太くん、好きだよ。」

私は、改めてこう言った。

すると翔太くんは、


「みーちゃん、キスするね。
僕、余裕ないから。」


いつもは『キスしてもいい?』って聞くのに今日、翔太くんは聞かなかった。
ホントに余裕がないんだな〜。
珍しい。


「……!!」

そんな事を考えていると翔太くんにキスをされた。


「もっとするね。」



それから長い時間、キスをしていた翔太と三玲であった。





< 1/ 4 >