ケータイ小説 野いちご

性悪なヤツらの取り扱い方を教えてください。

そんな話、聞いてませんけど。
*成り行きで、そうなります?


お昼時なんて既に過ぎていて
空腹のピークも終わってしまったから
食事は諦めこのまま来た道を戻る事にし
向かう先は駅。
ポケットからスマホを取り出し地図アプリを開くと、さっそく検索。

駅からタクシーで10分は走っていたから
それを徒歩にすると、目安は…

「1時間半!?」

思わず画面に向かって声を発してしまった。

恐るべし、歩き。

「仕方ないか…」

もし遅くなるようなら
今夜は駅付近のビジネスホテルかどこかに泊まって、今後の事は明日考えよ。

そんな楽観的な気持ちで進み始めた。

けれど世の中そう上手くはいかないもので
雨はパラパラと降り始め
持ってきたはずの折り畳み傘はバッグに入っておらず、雨具の手段が断たれてしまう。

よりによって雨宿りが出来る場所も近くには見当たらない。

「《《災厄》》って、こんなに続くのね…」

まさに踏んだり蹴ったりとはこの
『はぁ…』と溜め息を吐きながら
まずは雨宿りが出来そうな場所を探す事にした。

丘の上から見下ろす景色は
本来なら綺麗なはずなのに
今は不快な風景にしか見えない。

降り始めた雨足は強くなる一方で止む気配が感じられず、それに伴って体も冷えていく。

「寒ッ」

冬の寒さとは別に
梅雨時の雨はまだ意外と寒いから。



< 18/ 161 >