ケータイ小説 野いちご

魔法の恋の行方・わがままな使い魔(シリーズ2 クラリスとアンバー)


交流会3日目 12-13ページ

<グスタフ皇国・馬術場・交流会3日目・10時>

交流会3日目。今日は馬術競技だ。
各国選りすぐりの美しく脚の早い馬が準備されている。
A国は黒、B国は白、C国は栗毛、D国は鹿毛、
グスタフ皇国のアンバーの馬は白に灰色が混じっている。

クラリスの馬が登場した。
見物人は口をあんぐりを開けている。
ピンク、なんとショッキングピンクの馬だ。
<さすがに、魔女の国>とみんな妙なところで、納得はしているようだが・・・

競技は単純。決められたルートを走り、早くゴールしたものが勝利を得る。
アンバーも馬術は得意な方だ。幼い頃から仕込まれている。

6頭の馬が並び、スタートの旗が振られた。

アンバーが先頭を取り、障害を飛び越えた。
次にクラリスの馬が続く。
クラリスのピンクの馬はどんどんスピードをあげて、アンバーの馬と並んだ。

「え?えええ?」
なんと、クラリスが馬の背中に立っている。しかも片手は馬の角を持っている。
<馬に角はないっ?>
「ユニコーン?」
クラリスの髪は風になびき、黄金の旗のようだ。

次の障害が近くなった時、クラリスの馬は地上から空に放たれた。
馬の脇腹からは、大きなピンクの翼が出ている。
「ペガサスっ?」
アンバーはショックのあまり、落馬した。

クラリスのペガサス+ユニコーンは大空に舞い上がって旋回している。

順位は散々なものだった。アンバーは落馬して最下位。
クラリスはルール違反で不合格。

グスタフ皇帝はその様子を見て、思わず笑ってしまった・・・が
「やはり、魔女の国はすごいな・・・」と感心しきりだった。



< 12/ 31 >