ケータイ小説 野いちご

魔法の恋の行方・わがままな使い魔(シリーズ2 クラリスとアンバー)


場所の紹介・飛ばしていただいてOKです 1-1ページ      )

紹介・飛ばして読んでいただいてもOKです

<グスタフ皇国>
人種
  髪は黒、または黒をベースにカラーのメッシュが入る。
  瞳はブラウン、全体にダークな色調。
  全体的にメラニン色素が濃くでる。
  骨格はがっしりとして、骨太。身長は高い。
国家・政治
  皇帝が国を統治する。原則世襲制。
  皇帝の血族はエルフ・ドワーフなど精霊を使役する。
  広大な領地を有する。植民地も多い。
  男子は兵役があり、軍隊は強いことで有名
  男の子は小さい時から軍事訓練を受けることを義務として課せられる。
産業
  軍事産業・鉄鋼・重工業
気候・風土
  平野・森林地帯・山脈(一部に火山があり、温泉がでる)
  平野は乾燥地帯に入り、オリーブ・ブドウ・小麦が生産される。
  森林では木材・製材加工
  山脈の地層では宝石が産出され、高値で取引される。
特産品
  ワイン・ビール・宝石

魔女の国の紹介・飛ばしていただいてもOKです
<魔女の国>
人種
  髪は金・銀・銀灰色・白
  瞳は赤系~紫・青の混色(光で窯変する)
  メラニン色素が薄い。アルビノ系も多い。
  光に弱い体質。
  骨格は骨が細い。
国家・政治
  魔女の国では4つの魔女の家系がある。
  そこから、最も力の強い魔女が統治する。
  魔女は専属の<使い魔>を持つ。
  他国との交流をほとんどもたないため、<謎の国>と認知されている。
  魔女は他国に入国する時は、老婆の姿になり本当の姿を見せない。
  魔法によって道を閉じたり、開けたりするため、
  入国は選ばれた者しかできない。

< 1/ 31 >