ケータイ小説 野いちご

オスの家政夫、拾いました。0. プロローグ

プロローグ

「お前、マジで女なの?」


同居を開始して2週間。いつものようにソファーでハードな一日の疲れを癒やしていたところ、突然飛んできた婚約者の言葉でぱっと目が覚めた。


「じゃあ今まであなたは男と寝ていたの?」

「いや、だってさ…見ろよ、この部屋。やばくない?豚でもお前よりはマシだと思うぜ。マジでお前、女としての自覚あるの?」


そう言われてやっと周りの状況が目に入った。各所に放置されている服の山や、足元にあっちこっち転がっている書類。キッチンにはもういつ開封したのかもとっくに忘れてしまったカップ麺の容器やペットボトル。確かに、せっかくの広い2LDKマンションでもったいないことをしているとは思う。しかしそれ以前に、婚約者の態度がどうしても気に入らない。


「あなたもここに住んでいるでしょ?なんで家事をしないの?」

「はあ?俺、男だぞ?まさかお前、男の俺に掃除とか料理とか全部させるつもり?」

「全部とは言ってないでしょう。でも共働きだから、少しぐらい手伝ってくれてもいいじゃない」



< 1/ 26 >