ケータイ小説 野いちご

トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~

プロローグ

 ――六月のある晴れた日。ここは東京(とうきょう)新宿(しんじゅく)区内にある、大財閥〈篠沢(しのざわ)グループ〉が経営する結婚式場。

「――わぁ、スゴい。わたしじゃないみたい!」

 真っ白なベアトップのウェディングドレスに身を包み、式場スタッフによるヘアメイクを終えたわたしは、控室の大きな鏡の前で顔を(こう)(ちょう)させてはしゃいでいた。

 わたしは篠沢絢乃(あやの)。まだ十九歳だけれど、日本国内では五本の指に入る規模(きぼ)を誇る大財閥・〈篠沢グループ〉の会長である。
 というのも、わたしは先代会長だった亡き父・篠沢源一(げんいち)の一人娘で、わたしに会長の椅子を()いでほしいというのが父の遺言(ゆいごん)だったから。

 篠沢家の当主は母・加奈子(かなこ)なのだけれど、それは父が婿養子だったからである。
 母もまた先々代会長だった祖父の一人娘で、祖父も本当は母を自分の後継者にしたかったのだと思う。でも、母はまったく別の職業を選んだ。中学校の英語教師という道を。
 そんなわけで、母と見合い結婚した父が祖父の引退後に会長に就任したわけである。

 ――それはさておき。

「梅雨の時期にこれだけのお天気に恵まれるなんて……。わたしと(みつぐ)の結婚は、みんなから祝福されてるのかな」

 独りごちたつもりだったけれど、後ろから返事が返ってきた。

「そうみたいですね、絢乃さん」

「貢! いつからそこにいたの!?」

 わたしを〝さん〟付けで呼んだ、白いタキシードにブルーのタイを結んだ彼こそ、今日からわたしの伴侶(はんりょ)となる旧姓・桐島(きりしま)貢だ。
 彼はわたしより八歳年上なのだけれど、わたしが会長に就任した日から秘書を務めてくれている人で、普段からわたしに敬語で接している。

「ああ、すみません! 控室のドアが開いてたもんで、もう入ってもいいのかと思いまして。ひと声かけたらよかったですね」

「ホントだよー。急に入ってきたらビックリするじゃない!」 

 わたしは口を尖らせてから、控室のスツールをレースのショートグローブで覆われた手で示して「そこ、座って」と彼を促した。

< 1/ 153 >