ケータイ小説 野いちご

魂(こころ)のまきものⅡ

2-(4)シスター・ジェシカ



𝓜𝓮𝓼𝓼𝓪𝓰𝓮
(4)シスター・ジェシカ
「祈ることは沢山の孤独を共にします。ですが、その孤独は時に人を助けるために必要だったと知るときが来ます。あなたはもうその孤独を知っているはず。あなたに聞いてほしいことがあると訪ねてくる人はどんな人でも門の戸を開けて待っていてください。あなたにしか頼ることが出来ないと思う人のために、これからも孤独と共にあり、生きていくのです」

< 8/ 22 >