ケータイ小説 野いちご

。。折れた羽根、虹の架け橋。。③

1.龍神の娘
陰険の理由。

「お前うざいんだよ!
ずっと休んでたなら、ずっと休んでろや!!」


まあ、実際問題。簡単には、強くはなれないもの。

わかってはいたけどーー、まさか今日の今で、呼び出されなんて
思わなかったし。

まずありえないと、思った。

「君達には関係ないよね?
俺が、学校にきたってなんか関係あるの?」


2人組のこれまた不良男子。

茶髪男子と金髪くん。
気崩れた制服、だらしない格好。
イケてるだろう、と勘違いしてか、彼らはドクロの指輪、ネックレスをしていた。


学業を舐めてるだろう、と言いたくなる風貌をしていた。

「なんだと!
芹山龍の息子だか、しんないけどなぁ。お前みたいな奴、あの子とは不釣り合いなんだよ!!」



あ、あの子?




< 14/ 32 >