ケータイ小説 野いちご

とある先輩の、歪んだ狂愛。

recollection.2
歪んだ思い





───
──────
─────────




『また1人でいるし』


『…あまねくん』



中庭の端、暗ったるい倉庫裏。

1人の少女が毎日弁当を開けている場所。



『別に良くない?教室で食べたって』


『…私と食べると、美味しくないんですって』


『なにそれ。くだらないこと言うね』



眼鏡をかけて、三つ編み。

時代背景が昭和な立花 彩という女は俺とは違うクラス。

だけどいじめられっ子として有名だからこそ名前を覚えてしまった。



『なら俺の教室来る?一緒に食べよーよ』


『…そうするとあまねくんが嫌われちゃいますから』



そんなの別にどうだっていいのに。

困ったように眉を八の字にさせて、立花は俺へと微笑みかけてくれるようになった。


最初は全然笑ってなんかくれなくて無愛想でクール気取ってて、『だからいじめられるんだよ』なんて意地悪言った俺に。


『そうかもしれないです』って淡々と答えた立花。




< 72/ 243 >