ケータイ小説 野いちご

イケメンなアイドル幼なじみと、甘々な同居生活365日。

*No.1*〜ななちゃんとの一日〜
おやすみのちゅーが欲しいの。

 夜、いつも通り眠りにつこうとする。

「くるちゃん抱きしめたい〜」

「いっつも結局ギュウギュウして寝てるでしょっ……」

「じゃあおやすみのちゅーが欲しい」

「なっ!?も、もー!明日は学校なんだから、早く寝よう?」

「じゃあ歌唄って〜」

「も〜……」

 ななちゃんは、ちっちゃい頃からよく、私が子守唄歌ってないと寝てくれなかったもんなぁ〜。

「ななちゃんは〜おバカでイケボで最低で〜」

「ちょっとヒドクナイ?」

「どこがぁ?」

 本当のこと言ってるし。


< 9/ 199 >