ケータイ小説 野いちご

彼の溺愛 致死レベル

旦那様はこの人?



純白のウエディングドレスに身を包み

チャペルのドアの前で、肩を落とす私。



「こんなに色っぽく
 マーメードドレスを着こなす女子高生、
 見たことがありませんわ」


付き添いのウエディングプランナーさんに
微笑まれ。



「まるで人魚姫そのもの。
 新郎様が惚れるのも、無理がありませんね」


腰まで伸びた赤茶色のウエーブ髪に
お花の冠を乗せられ。



「ほら。
 新婦様にお似合いすぎです~」


オーバーに
パチパチと拍手をされているけれど……

私は、全然嬉しくない。




むしろ

この甘ったるいハッピー空間から
脱獄させて欲しい。



< 1/ 350 >