ケータイ小説 野いちご

神様なんて

プロローグ

私には心の底から愛した人がいる



だけど、私が彼と付き合うことは叶わないんだ



――絶対にね











< 1/ 5 >